08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学内ナベ完食闘争・報告

11月19日午後1時過ぎ、我々闘う学生5名は、圧倒的な革命的意志を持って、明治学院大学正門前に結集した。


遅れて合流する西見同志にナベの具材の調達を要請するなどし、午後2時過ぎ、準備完了の合図と共に、我々は前衛的=学内ナベ完食闘争を開始した。


具材は以下の通りである。

白菜
しょうゆ
カレー
ラーメン
コンソメ


冒頭、O同志によって乾杯の音頭が取られると、敬謙なクリスチャン(=明学生)である我々は、「キリストの体」と唱和し、ブドウ酒(の瓶に移し入れたブドウジュース)を飲み干した。
クリスチャンには、パンとブドウ酒と「キリストの体」の唱和は欠かせないのである。


ナベの温度も最高潮を迎えるてくるころ、我々のナベのそばを、学生課に引率されてオープンキャンパスに遊びに来ていた小学生の集団が通行した。敬謙なクリスチャンである我々は、児童に向けてワインの瓶を掲げざるをえない。そして「キリストの体」「キリストの血」などと唱和をせざるをえなかった。なぜなら、我々は敬謙なクリスチャンだからである。すると、児童数名が苦笑いを含みながら「あの人たち、お酒を飲んでる!」などと囁き始めた。すると、児童らを引率していた学生課職員が突然、「隣人愛」を感じさせない目の色に変わったかとおもうと、暴力的な目線を持って我々を睨み付けてきたのである。
直後、我々を遠巻きに監視し始めた職員が打ち合わせを始めたのだが、我々は、断固としてナベを食べ続けた!!!打ち合わせが終わったとみられる職員がこちらに向かって歩いてくる!!
しかし我々は、毅然としてナベを食べ続けた!!!
というのも我々は、普通に、腹が減っていたのである(笑)




つづく
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。