08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原解放闘争~弾圧の顛末①

1月某日夕方、我々「国境なきナベ団」は、秋葉原駅前ナベ完食闘争に決起した。ブル新の報道により秋葉原の歩行者天国が解禁されるとの情報を聞きつけ、それを飛翔点として、公道=路上を我々労働者・人民の側へと奪還していく闘いを展開していこうとするものであった。
噂の通り、秋葉原の街には「オタク」と呼ばれる労働者、学生が多数おり、秋葉原の人民との新たな連帯の可能性は膨らんでいった。

久しぶりにやる繁華街でのナベ闘争ということで団員の革命的意志は高く、堂々と、いきなり路上で乾杯をし始めるなどして、街を歩く労働者人民に対して圧倒的なアッピールを行っていった。
さて、事務局長の合図と共に断固とした闘争貫徹の意志を持って具材の投入を開始すると、ものの5分も立たないうちに権力の狗=万世橋警察署員二名が「こら、そんなところでナベをやったら迷惑だろう!」などといかにも人民の血税で優雅に暮らしていそうな顔をしながら憎たらしい表情を浮かべつつ弾圧をくわえてきやがった。ただナベを囲んでいるだけなのにである。わけがわからない。道でナベも食えないだなんて、この国はどうなっているのだろうか。我らが愛する国家権力は、どれだけ我々人民を縛り付ければ気がすむのだろう。おかしい。あまりにもおかしすぎる!総員の圧倒的な決起を持って、暴力装置=万世橋警察署職員の不当弾圧を断固としてはねのけなければならない!
しかし、我々はこのとき、本当に腹が減っていた。団員の一名に限っては「松屋(※)に行けばいいじゃん」などと反革命的な暴言を吐きはじめる始末であった。これはよくない。団員の士気が下がっている。レーニンだって「腹が減ったらナベ闘争もできない。まずはある程度食べてから戦うべきである」などと言っている(?)ほどだ。そこで「闘争を貫徹するに当たっては一時的に権力との対決を中断することも許される」という団長判断のもと、場所を移動し、駅前の広場にてナベを再開することとなった。

しかしここでもまた、ものの10分も立たないうちに権力の狗が登場。相変わらず威嚇的だ。しかし、それにも負けず劣らず我が団員の振る舞いたるや堂々としたもので、国家権力による不当包囲を無視してナベを食べ続ける我々をして、敵権力に「お前ら大胆だな…」などという感嘆の言葉を吐かせる結果となった。権力をびびらせるほどに、我々は自らの闘争に確信的正義を感じていたのである。


(※)資本主義の象徴である。



つづく

告知ーパノプティコンの象徴=六本木ヒルズを粉砕せよ!

全団員に告知する。


明日午後9時、我々国境なきナベ団は、六本木ヒルズ前ナベ完食闘争に決起する。

我が国におけるブルジョア的・欺瞞的な都市の象徴である六本木の街を、圧倒的な革命的意志を持って占拠しよう。

我々人民には、どのような「キレイな」街であろうとも、ナベを囲う権利がある。

行政=国家権力が欺瞞的に作り上げた「キレイな街」など、粉砕するのみである!!!!
行政権力の作り上げる「キレイな街」なぞに、我々が付き合う必要はない!!!

現在、各地で我々の仲間が弾圧を受けている。
ただ、学内や路上でナベを食べただけでである。

我々は弾圧をはねのけ、断固として戦いぬくのみである!!!!!


路上でナベを食べられる社会こそが我々の理想であり(そもそもこんなことはできて当たり前のことだ!)、路上でナベすら食べることのできないブルジョア的=管理的都市などは、粉砕する以外に選択肢はない!




国家権力(=ブルジョア階級)の支配下にある六本木を、我々の手に取り戻そうではないか!!!!


総員は午後9時、六本木駅に結集せよ。

学内ナベ完食闘争貫徹勝利!

ナベを食べるということは、そのまま生存権の行使である。
大学理事会、そして日本学生支援機構(別名=消費者金融)などによる学費不当搾取によりブレカリアート階級となっている我々は、生協なる売店に置いてある品物が高すぎて買うことができない!!!
我々は、ナベを囲うことにより目的意識的に食費を押さえなければならないのであった。
つまり、我々がナベを囲わざるをえないのは、社会にその原因があるのである!!!!!?????(笑)


さて、我々がブドウ酒(の瓶に入れたブドウジュース)で乾杯していると、いかにも理事会の既得権益にしがみついていそうな顔をした当局職員=学生課の偉い人が近づいて来た。


すると、1分ほどナベの周りを威嚇的に巡回したのち、優雅にブドウ酒(の瓶に入っているジュース)を飲んでいる我々とは好対象な態度を持って「その瓶はなんだ!!!!」などとさも学生が大変な罪を犯しているかのように怒り始めた。ただナベを囲み、ブドウジュースを飲んでいるだけの我々に対してである(笑)

そして「君らはうちの学生か?」「学籍番号、学科、氏名を言え!」などと、愛の伝道師イエスキリストも真っ青なほどに威圧的な態度を持って我々に身分を推何してきた。
さらに、机に置いてあるワイン(に見立てたブドウジュース)をゆび指すや否や、 「その瓶はなんだ?ああ?」「もしそれが持ち込んではならないものなのであれば、これは大変な問題だぞ!!!」
などと、異常なまでに居丈高に詰問してきた。ただナベを囲んでいる我々に対してである(笑)


すると突然、何を思ったか、O同志がワイン(中身はジュース)の瓶を同志Mの椅子の下に隠し始めるなどという行動に出た(笑)

その様子を見た学生課は、さらに態度が硬化。
瓶を隠したがる我々の態度を見て、どうやら瓶の中身が「持ち込んではならないもの」←(笑)であるということを確信したみたいであった。

既得権益のアニマル=学生課職員は、さらに激しく我々を詰問し続ける。


三分ほどの緊張感溢れるやり取りが続いたのち、同志の一名がセキを切ったように「じゃあさオッサン、飲んでみれば?」と職員に試飲を勧めると、ここでワインではないことが発覚した。

学生課職員は「校の秩序を乱し」(表現の厳格さがかなり笑える)ている我々に対して厳しく接することにより自らの存在意義を見出だすといったかわいそうな性格の持ち主であるようだったが、彼の目論みはここで崩れてしまった!

中身がブドウジュースでは、我々を「悪」であると断罪するなどという「正義の行使」をすることができなくなってしまったのである。

さらに、ジュースを飲んでいるだけの我々に対して執拗に叱責をし続けるという大失態を犯し、赤っ恥である(笑)


同職員は地面に置いてあるガスコンロや、学食の食器など、突っ込みどころがあまりにも多すぎて混乱している様子であったが、我々の階級的戦略攻撃によりかつてないほどの赤っ恥をかいてしまい、「紛らわしいことをするな!!!」などという言葉を吐き捨てつつ退散するのが精一杯であった。

ジュースを酒と誤認して怒り続けるなどという恥ずかしい失態を犯してしまったため、彼らの禁止(笑)している学内ナベについて、突っ込むことすらできなくなってしまったのである。



我々は勝利した!!!!!
これは我々学生の、当局に対する勝利である!!!!

この勝利によって我々は、ブルジョワ階級によって支配されていた白金校舎パレットゾーン広場を、我々人民・学生の手のもとに奪還した!!!笑


我々「国境なきナベ団」は、学生部職員からの不当な妨害を断固として撃退し、学内ナベ完食闘争を断固として貫徹した!!!!




脇論:途中、ナベの様子を見ていた敵対勢力(=本学大学院生10名ほど)が、「この様子を写真で撮って就活のときに面接で見せなよ!理想の大学生活だよね!これ見せたら絶対に受かるって!」などという我々の革命的意志をそがんとするような言説を持って妨害的策動をしかけてきたのだが、我々は鉄のスクラムを組み「就活なんてくらばってしまえ!」というビラを渡し、妨害を撃退した!!!!!すると、学生生活の何もかもを就活に結び付けて考えるといった反人民的価値観を持っていた彼らが「おもしろいね!」などと転向!我々は敵対勢力のオルグに成功した!笑

学内ナベ完食闘争・報告

11月19日午後1時過ぎ、我々闘う学生5名は、圧倒的な革命的意志を持って、明治学院大学正門前に結集した。


遅れて合流する西見同志にナベの具材の調達を要請するなどし、午後2時過ぎ、準備完了の合図と共に、我々は前衛的=学内ナベ完食闘争を開始した。


具材は以下の通りである。

白菜
しょうゆ
カレー
ラーメン
コンソメ


冒頭、O同志によって乾杯の音頭が取られると、敬謙なクリスチャン(=明学生)である我々は、「キリストの体」と唱和し、ブドウ酒(の瓶に移し入れたブドウジュース)を飲み干した。
クリスチャンには、パンとブドウ酒と「キリストの体」の唱和は欠かせないのである。


ナベの温度も最高潮を迎えるてくるころ、我々のナベのそばを、学生課に引率されてオープンキャンパスに遊びに来ていた小学生の集団が通行した。敬謙なクリスチャンである我々は、児童に向けてワインの瓶を掲げざるをえない。そして「キリストの体」「キリストの血」などと唱和をせざるをえなかった。なぜなら、我々は敬謙なクリスチャンだからである。すると、児童数名が苦笑いを含みながら「あの人たち、お酒を飲んでる!」などと囁き始めた。すると、児童らを引率していた学生課職員が突然、「隣人愛」を感じさせない目の色に変わったかとおもうと、暴力的な目線を持って我々を睨み付けてきたのである。
直後、我々を遠巻きに監視し始めた職員が打ち合わせを始めたのだが、我々は、断固としてナベを食べ続けた!!!打ち合わせが終わったとみられる職員がこちらに向かって歩いてくる!!
しかし我々は、毅然としてナベを食べ続けた!!!
というのも我々は、普通に、腹が減っていたのである(笑)




つづく

全ての明学生に告知する!学内ナベ闘争に決起せよ!

本日午後1時、我々「国境なきナベ団」は学内ナベ完食闘争に決起する。
我らが愛する母校明治学院は、表面的には「リベラルかつノンポリ」「キリスト教精神に満ち溢れた教職員」「お坊ちゃま大学」などのイメージを打ち出しているが、それは営業的な目的のもとに当局によって意図的に維持されているものに過ぎない。学祭などを見てもわかる通り、その実は、他大学生から「明学って、高校みたい」などと馬鹿にされるほど本学は無意味な規則でがんじがらめである。
特に本学の附属生は、明治学院当局の欺瞞性について、深く認識していることだろう。
上履きのかかとを踏んでいただけで「君は明治学院のイメージをけがす気か」などと学年会から激しい譴責を受け、次々と増えていく校則に抗議すると、「目をつけられる」始末なのであった。“目をつけられ”ている生徒は「職員室なんてこわくねえ」という発言を面白おかしく行うと、「校の秩序を乱す発言」として校長訓戒処分に付せられるのである。(実例)

当局の唱える「隣人愛」などというものは、その程度のものなのである!明治学院とは、そういう体質の学校法人である!そして権力者とは、そういうものである!


イエスキリストが弾劾している「パリサイ人」こそが学校当局である!我々は「寄留する者」である。寄留する者たちよ、断固としてナベ闘争に決起せよ!






ーーそう、我々明学生にも、自由にナベを囲う権利があるのだ(笑)断固としてナベを完食しなければならない!!!!!!!!!(笑)



午後1時白金校舎教会前集合!
パンとブドウ酒が振る舞われます☆

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。